格闘技用品、グローブ、空手、柔術用品 神戸イサミ

神戸イサミ
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通3-12-15 ゴールドウッズトアロードビル7階
TEL:078-392-0260 FAX:078-392-0261
営業時間:AM11:00〜20:00 定休日:毎週水曜日(祝日は営業)
 

中井祐樹の新バイタル柔術


レジェンド・中井祐樹が基礎から教える あなただけの“柔術の創り方" 全399頁、詳細な連続写真とQRコードで237本の動画が観られます! これから柔術を始める人はもちろん、もう一度、自分の柔術を見直したい人に贈る「中井メソッド」が詰まった一冊です!

●目次
はじめに 1
必ずお読みください 10
第0章 中井式柔術の学び方 11 「柔術」とは何か 12 「やる人」が主体のBJJ 13 「中井式」成立の背景 14 本書の構成 16 フィニッシュから教えることの意味 16 column #00 「練習試合論」 18
第1章 フィニッシュ 19 腕ひしぎ十字固め 20 相手のクラッチの切り方 22 手首を極めて外す 22 手刀で外す 22 肩甲骨を寄せて外す 24 中井流“究極の外し" 24 各種クラッチ 26 腕取りからのエスケープ 27 column #01 「極めはゆっくり、タップは早めに」 27 腕十字からのエスケープ 28 足の外し方01 28 足の外し方02 30 足の外し方03 32 腕の抜き方 34 腕絡み系 36 V1アームロック 39 キムラ 40 アームバー 42 腕絡みバリエーション 44 頭つきキムラ 44 足を使ったキムラ 46 高専式腕絡み 48 頭つきキムラのエスケープ 50 column #02 「平田先生の教え」 50 腕絡みゲーム 52 オモプラータ 54 オモプラータからのエスケープ 56 オモプラータが浅い場合 56 オモプラータで体勢を崩されてしまった場合 58 アキレス腱固め 61 外掛けアキレス 62 アキレス腱固めからの上下入れ替え 62 アキレス腱固めが極まらない場合 63 アキレス腱固めのディフェンス 64 アキレス腱固めに対しての立ち方2種 65 膝十字固め 66 膝十字からのエスケープ 68 ヒールフック 70 Column #03「ギ&ノーギ」 71 ヒールフックからのエスケープ 72 ヒールフックから足首固め 73 ヒールフックからのカーフスライサー 73 首関節 74 ベーシックギロチン 74 スタンダードギロチン 75 ダースチョークへの連携 76 ジャパニーズ・ネクタイ 77 バイセップスライサー 78 カーフスライサー 81 腹固め 82 送り襟絞め 85 送り襟絞めのディフェンス 85 送り襟絞めからの展開 86 相手が亀で逃れようとした場合 86 腕十字への連携 86 裸絞め 88 後頭部の手のあて方 88 タスキから裸絞めへ 89 裸絞めのディフェンス 90 裸絞めの基本的な防御法 90 裸絞めの基本的な防御法(寝た状態) 90 裸絞めから腕十字へ 91 前三角絞め 93 三角絞めのディフェンス 94 三角絞めのアジャスト 95 柔術世界旅行 96 横三角絞め 98 後ろ三角絞め 99 十字絞め 100 ディフェンスされた時の変化 101 十字絞めのディフェンス 101 逆十字絞め 102 スタンドでの片十字絞め 102 並十字絞め 103 片十字絞め 103 肩固め 104 肩固めのディフェンス 105 column #04「モダン柔術論」 106
第2章 スタンド 107 スタンド論 108 中井式スタンド戦略 109 「構え」論 110 「組み手」論 111 【組み手の例1 柔道組み手】 111 【組み手の例2:片襟片袖】 113 【組み手の例3:クロスグリップ】 113 あべこべ理論 114 あべこべ理論例1:不利な組み手を腕固めに 114 あべこべ理論例2:不利な組み手をテイクダウンに 115 あべこべ理論例3:組み手の逆転 116 スローイング系のテイクダウン 117 大腰 117 払腰 117 背負い 118 体落とし 118 大外 119 column #05 「投げられないための立ち技」 119 大内刈り 120 あおってバック 121 飛行機投げ 122 首投げ 123 タックル系のテイクダウン 124 ダブルレッグ 124 横への崩し 125 バックへの変化 126 タックル小内 127 ノーギエスケープ 128 column #06 「壁は強くなるための秘訣」 129 シングルレッグ 130 タックルからの引き込み 132 スプロール 133 高いタックルの止め方 133 スプロールからのバックテイク 134 高いスプロールからのテイクダウン 135 カウンターのオモプラータ 135 シングルレッグへの対処 136 捨て身系 137 巴投げ 137 巴投げの防御法 138 巴投げから北大式草刈への連携 138 帯取り返し 139 帯取り返しへのカウンター 140 かにばさみ 141 引き込み 142 自分から座る引き込み 142 足あて引き込み 143 飛びつき引き込み 144 足元への引き込み 145 立ち関節 146 腕絡み 146 腕固め 147 腕返し 148 column #07 「上達論・武道論」 149 グリップ紹介 150 襟の取り方 150 袖の取り方(袋取り・ポケットグリップ) 150 手首の取り方(ノーギ) 151 ズボンの掴み方 151 グリップの切り方 152 襟を上から取られた時 152 襟を下から取られた時 152 袖を取られた時 153 内側に回せない時 153 切れない時 153 ノーギのグリップの切り方 154 クローズドガードのグリップの切り方 155 ズボンを取られた時の切り方 155 column #08 「全体と部分」 156
第3章 ガードの攻防 157 ガードポジション論 158 下からの返しは投げと一緒 159 パスガード論 160 ガードの三位一体理論 160 三大ガードポジション 161
三大ガードポジション❶ クローズドガード 162 キープ 164 絞め:前三角角絞め1(外) 166 絞め:前三角絞め2(内) 168 絞め:十字絞め 169 極め:コムロック 170 絞め:突っ込み絞め 170 絞め:小手絞り 172 極め:腕ひしぎ十字固め 174 極め:オモプラータ 176 極め:ブラボーチョーク 178 返し:シザーズスイープ 180 返し:フラワースイープ 182 返し:ヒップスローからマウント 184 極め:ヒップスローからキムラ 185 返し:バックテイク 186 持ち上げられた時の対応1 「足をすくう」 188 持ち上げられた時の対応2 「オモプラータ」 189 持ち上げられた時の対応3 「スタースイープ」 190 ベース 191 胸ベース 191 袖ベース 192 帯ベース 192 脇ベース 193 堅守のベース 193 絞め:突っ込み絞め 194 絞め:袖車絞め 195 パスガード:胸ベースからのパス 196 パスガード:袖ベースからのパス 197 パスガード:帯ベースからのパス 198 レッグドラッグ 198 パスガード:脇ベースからのパス 200 パスガード:堅守ベースからのパス 202
三大ガードポジション❷ オープンガード 204 オープンガード各種 204 クローズドガードからオープンガードへ 205 パスガード:足をさばいてニーオンベリー 206 オープンガードのパス 206 パスガード:足をさばいて肩から落ちる 208 パスガード:かみつきパス 209 パスガード:かつぎパス 210 パスガード:両足を束ねてパス 212 パスガード:腰切りパス 214 シッティング系のガードポジション シッティングガード 215 絞め:小手絞り 216 絞め:十字絞め 217 立った相手への片十字絞め 217 絞め:肩固め 218 極め:腕ひしぎ腕固め 219 絞め:中井式コムロック 220 返し:たぐり系スイープ(アームドラッグ)→バックテイク 221 返し:たぐり系スイープ01(ズボンを掴んできた時) 222 極め:たぐり系スイープ(腹固め) 222 返し:たぐり系スイープ02(柔道式) 223 ベース 224 パスガード:ズボンを持って外回り 225 パス:ズボンをもってひっくり返す 226 パス:側転パス 227 クォーターガード 228 キープ 228 極め:膝関節 229 返し:前方へのスイープ1 230 返し:前方へのスイープ2 231 返し:スピン・スイープ 232 返し:ノーギスイープ 233 返し:片足タックル 234 パスしない戦略 235 絞め:ループチョーク 236 フックガード 237 キープ 237 返し:フックスイープ 238 返し:Xガードでのスイープ2種 240 Xガード 241 ベース:フックガードに対するベース 242 パス:パスガード1 243 パス:パスガード2 244 column #08 「技は進化する」 246 パス:問答無用のパスガード2018 246 column #09 「クラスで教えられること、教えられないこと」 248 寝る系のガードポジション スパイダーガード(足あて) 250 スパイダーガード(巻き) 251 キープ 250 スパイダーガード(巻き) 251 返し:スイープ 252 返し&絞め:逆側スイープ&前三角絞め 253 返し:足あてスパイダーから巴投げ 254 返し:草刈り 255 極め:巻きスパイダー→オモプラータ 256 返し:巻きスパイダースイープ→バイセップスライサー 257 パス:足あてスパイダーのパス1 258 パス:足あてスパイダーのパス2 259 パス:足あてスパイダーのパス3 260 パス:巻きスパイダーのパス1 261 column #10 「巻きスパイダーの系譜」 262 パス:巻きスパイダーのパス2(股間蹴り) 262 パス:巻きスパイダーのパス03 263 スパイラルガード 264 キープ 264 返し:バックテイク 265 返し:スイープ 266 パス:ニースライスパス 267 パス:横に倒れてパス 268 デラヒーバガード 269 キープ 269 オープンガードからのセットアップ 270 絞め:前三角絞め 271 column #11 「デラヒーバガードの生みの親」 271 極め:オモプラータ 272 返し:草刈り 273 返し:くぐり 274 返し:ヘリコプター 275 返し:バックテイク 276 返し:巴投げ 277 返し:ベリンボロ 278 デラヒーバガードに対する心構え 279 極め:膝十字 280 パス:かみつきパス 281 パス:ジャンピングパス 282
三大ガードポジション❸ ハーフガード 283 キープ:各種 284 返し:バックテイク 286 返し:ガードに戻す 288 返し:フックスイープ 289 キープ:脇を差された時の固め方 290 絞め:袖車 291 極め:高専式腕絡み 292 パス:足の抜き方01 293 パス:足の抜き方02 294 パス:足の抜き方03 295 二重絡み 296 セッティング 297 返し:クローズドガードに戻す 298 返し:後ろに倒す 299 返し:前に倒す 300 パス:二重絡みの解除法1 301 パス:二重絡みの解除法2 301 二重絡みの解除法3 302 ディープハーフ 303 キープ:ハーフガードからディープハーフへ 304 返し:前に倒す 305 返し:後ろに倒す 306 返し:バックテイク 307 パス:反対側に回る 308 column #12 「ブリッジとエビ」 308 column #13 「スパーリングとドリル」 310
第4章 ポジション 311 ポジショニングの大事 313 ポジショニングの三位一体理論 313 サイドポジション 314 横四方固め 316 絞め:ペーパーカッターチョーク 318 極め:十字固めへの変化 320 逃げ:エビでの逃げ 321 逃げ:キープ 322 極め:段違いアームバーへの変化 絞め:下からのベースボールチョーク 323 袈裟固め 324 極め:Vクロス&アームバー 326 逃げ:肘を抜く 328 逃げ:バックテイク→極め:腕固め 329 逃げ:バックドロップ 330 後ろ袈裟固め 331 他のポジションへの連携 332 逃げ 333 正上四方固め 334 逃げ 335 絞め:前腕チョーク 336 崩れ上四方固め 337 絞め:ノースサウスチョーク 338 逃げ 339 column #14 「ルールで伸びるもの、消えるもの」 340 ニーオンザベリー 342 絞め:ベースボールチョーク&十字絞め 344 極め:腕固め・腕十字固め・キムラ 346 逃げ:逃げ方01 348 逃げ:逃げ方02 349 逃げ→極め:肩抜き後転膝十字 350 エルボーオンザリブ 351 極め:クルックヘッドシザーズ→腕ひしぎ十字固め 352 マウントポジション 353 絞め:十字絞め 極め:腕ひしぎ十字固め 354 極め:腕ひしぎ十字固め 355 極め:V1アームロック 356 極め:縦四方腕固め→V1アームロック 357 極め:脇固め→フットチョーク 358 サイドマウント 360 極め:送襟絞め→片羽絞め→腕十字 361 逃げ:ブリッジで返す 362 逃げ:エルボーエスケープ 363 逃げ:帯を掴んでシザーズ 364 バックコントロール 365 バック 逃げ・極め:アームロック→スイッチバック 366 逃げ:肩抜き前転01 368 逃げ:前転して後ろ袈裟 369 逃げ:肩抜き前転02 370 逃げ:足を超えて後ろ袈裟固め 371 バッククリンチ 返し:抑え込み 極め:腕絡み 372 抑え:キンジロウ返し 373 極め:グレイプバイン→股裂き 374 極め:股裂き→ツイスター 375 極め:腹固め 376 抑え:バックマウント 377 グレイプバイン>逃げ: 378 逃げ:シットアウト 379 バックマウント 抑え:バックへ 380 絞め:裸絞め 381 逃げ: 382 亀について 383 抑え:亀取り(縦返し) 384 絞め:亀取り横三角 385 極め:亀取り(腹包みからのコンビネーション) 386 抑え:ネルソン縦四方 極め:腕固め 388 抑え:ネルソン横四方 389 絞め:モダン柔道式回転肩固め 390
第5章 補強 391 補強論 392 受身論 393 足回し(ノーマル) 393 足回し(上体起こし) 393 足回し(逆さ) 394 起き上がり 394 column #15 「コンディショニングについて」 394 肩ブリッジ 395 ロールプッシュアップ 395 スイッチ 396 四股 396 エビ 397 スクワット 397
おわりに 398

 ●なかい・ゆうき
本名同じ。ブラジリアン柔術家、元総合格闘家。1970年、北海道石狩市(旧・浜益村)生まれ。北海道大学法学部中退。札幌北高校ではレスリング部だったが、北海道大学で寝技中心の七帝柔道に出会い転向。七帝戦で北大を12年ぶりの優勝に導き、4年生の夏に大学中退。上京してプロシューティング(現在のプロ修斗)に入門、打撃技も身に付けて総合格闘家に。1994年、プロ修斗第2代ウェルター級王者に就き、1995年のバーリトゥード・ジャパン・オープン95に最軽量の71キロで出場。1回戦のジェラルド・ゴルドー戦で右眼を失明しながら勝ち上がり、決勝でヒクソン・グレイシーと戦う。この時の右眼失明で総合格闘技引退を余儀なくされたがブラジリアン柔術家として復活。現在、日本ブラジリアン柔術連盟会長、パラエストラ東京代表。著書『バイタル柔術』(日本スポーツ出版社・絶版)、『希望の格闘技』(イースト・プレス刊)の他、『本当の強さとは何か』(中井祐樹・増田俊也 共著 新潮社刊)『VTJ前夜の中井祐樹』(増田俊也著 イースト・プレス刊)などがある。





※当店の商品は実店舗と在庫を共有しているため、オンラインショップで「在庫あり」となっている商品についても、品切れの場合がある事を予めご了承下さい。品切れ等の時はメール・電話にて、ご連絡致します。

※大量注文、重たい商品、大きな商品の場合、沖縄県・離島へ発送の場合、送料が基本料金から変更になります。その際はメール・電話にて、ご連絡致します。予めご了承下さい。

商品コード : new-n
価格 : 3,780円(税込)
ポイント : 75
数量
 

この商品についてのレビュー

レビューを書く